医療脱毛や全身脱毛に疑問アリ?それならコレを一読して欲しい!

医療脱毛するのに「全身か部分からか」と迷うくらいなら全身にすべき。全身脱毛なら施術が効率的で費用もスケジュールも省力化。間違いなく得になる。

RSS 2.0

医療脱毛の医師が「部分」ではなく「全身」をすすめるのはなぜ?

医療脱毛の強みも魅力も、最終的には永久脱毛にあります。

そうなるのは必然なので、後はいかに効率よく全身を脱毛してしまうかです。

これはWin&Winの関係でもあります。

◆部分脱毛を繰り返して全身を終えたら!?

仮に部分脱毛を繰り返して、結果的には全身脱毛をしてしまった人がいるとすると、「施術にかかる期間は4年におよび、脱毛にかかる費用も2倍以上にはなる」というクリニックの医師がいます。

それでもこの見積もりは甘く見積もった数字で、実際にそれをやったとすると5年、6年かかってもおかしくないのだそうです。

ようやく全身脱毛を終えて肌を露出できるようになったとき、6才も年をとっていたら、どんな気分でしょう?

◆お互いにWin&Winで無駄なく早く。

医療脱毛の医師が全身をすすめる理由は、上記以外にもあります。

全身脱毛ならすべてが完了するまで2年で済み、効率が良く、お互いにWin&Winの関係になれるからです。

お互いというのは脱毛を望む利用者自身と医師です。

いくらプロであっても途中から引き返して非効率的な脱毛をするのは嫌なものです。

利用者にも喜ばれません。

◆医師にとってもっとも喜びとするところは利用者に満足してもらうこと。

少しでも早く望みを叶えてあげたいと思っています。

医師はそれまでの経験から、部分脱毛より全身脱毛のほうがはるかに利用者の満足度が高いことを知っています。

費用負担が少なく、全身を行なって二度と脱毛の悩みを味わうことがない利用者の晴れ晴れとした姿を目にしているので、そのような会話になるのです。

<関連ニュース>https://news.nicovideo.jp/watch/nw5202488

OFF
admin01