松阪牛知得ネット

松阪牛のランクは格付けによって決まります。この格付けとはどう決定するのか?

松阪牛の脂肪交雑はどういう状態がいいといわれるのか

皆さんは松阪牛をみて美味しそうと思うのはどんなところからですか?

多くの方が「さし」つまり、その松阪牛の脂肪の霜降り具合がどうなのか?という点を見るんじゃないかと思います。

このお肉の霜降り度合いを見るのが、脂肪交雑です。

BMS、ビーフマーブリングスタンダードという基準があり、この基準が脂肪交雑の判定基準となっています。

これがまた、とにかく細かいんですね。

0から始まり、0+、1-、1、1+、2-・・・・というように細かく分けられています。

この脂肪交雑がどのくらい素晴らしいかによって、等級、ランクにも大きく作用してきますので、松阪牛の基準判断要素の中でも非常にポイントが大きな部分でしょう。

霜降りもただ脂肪が多いという事じゃなく、お肉の中に均等に霜降りがあることが望ましいのです。

確かに高級料亭やテレビ番組で出てくる高級牛肉って、美しい霜降りですものね。


Categorised as: 松阪牛の脂肪交雑

Comments are disabled on this post


Comments are closed.